2009年12月11日

『デパートへ行こう』読了

デパートへ行こう


店内には警備員以外いないはずの閉店後のデパートで繰り広げられる様々な人間模様。
ミステリでもないような気がするし、派手なアクションシーンなどもないのですが、面白く読み進める作品でした。

読みながら子供時代のデパートを懐かしく思い浮かべていました。
屋上のおもちゃの乗り物、最上階の食堂(食券を窓口で買います)、地下のたこ焼き屋、切手(郵趣用品)売り場、おもちゃ売り場などなど・・・
思えば、子供時代の楽しい思い出の場所でした。

丁度いま、TVドラマ「リアル・クローズ」を観てるので、デパート・百貨店経営について考えさせられながら読み終えました。

デパートへ行こう!

デパートへ行こう!

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/26
  • メディア: 単行本





posted by 亮庵 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。