2010年02月16日

バガボンド32

いろいろと忙しいとは言え、漫画は読みたくなるわけで、
ここのところ「バガボンド」をレンタルで読んでいました。


バガボンド 32 (モーニングKC)

バガボンド 32 (モーニングKC)

  • 作者: 井上 雄彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: コミック




31まで借りて読んだのですが、終わり方がどうにも気になってしかたなく、アマゾンで1クリック注文してしまいました(そのへんの書店で買ったほうが早いような気もするけど、送料もいらないし…思わずボタンを押すんですよね)。

産能通信の勉強はペースを無理矢理遅くして、一応無理矢理継続中。
うーむ。。。頑張ろう。


posted by 亮庵 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

図書館本&購入本

図書館本


『起きていることはすべて正しい』
勝間和代さんの本。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

  • 作者: 勝間 和代
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/11/29
  • メディア: 単行本



amazonのレビューには酷評が目立ちますが、勝間さんが自分のことを徹底的に自慢?しているのは、いい意味であざとさを感じます。
(わざとでしょうね)
本文中でご本人も言及されているのですが、ある本の内容をすべて読んだり、真似する必要はないので、この本からも自分にあったものだけを汲み取れればそれでいいかと。
(図書館で借りました)

購入本


『あなたもいままでの10倍速く本が読める』
「起きていることはすべて正しい」中よりフォトリーディングに興味をもったので。
(マーケットプレースで購入)
僕が買ったのは2001年出版分ですが、2009/11/9発売の新版もあるので予算のある人はそちらがいいかも。

あなたもいままでの10倍速く本が読める

あなたもいままでの10倍速く本が読める

  • 作者: ポール・R・シーリィ
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2001/09/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




『苦手意識は捨てられる』
この本も同様に、勝間さんの本に紹介されていた「NLP」(「神経言語プログラミング」)に興味を持ってマーケットプレースにて購入。

苦手意識は捨てられる NLP脳トレーニング

苦手意識は捨てられる NLP脳トレーニング

  • 作者: 梅本 和比己
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2005/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




『男の品格』
正月休みに本屋の店頭で何気なく購入。(文庫)

男の品格 (PHP文庫)

男の品格 (PHP文庫)

  • 作者: 川北 義則
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/05/02
  • メディア: 文庫





産能通信勉強


相変わらず、「経営組織のデザイン」勉強中。
(いつまでかかってるんだ!)
忙しいのでテキストを追うのが精いっぱいな現状をなんとかせねば。

そのためにフォトリーディングに興味を抱いた次第です。





posted by 亮庵 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

『脳に悪い7つの習慣』(立ち読みでゴメンナサイ)

脳に悪い7つの習慣


今年初めて本屋へ行きました。
自分へのお年玉のつもりで、買う気満々で出かけたのですが結局なにも買わずじまい。
平積みの本をつまみ読み。

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

  • 作者: 林 成之
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: 新書



なかなか面白くて立ったまま一気に読めました。
(買わなくてゴメンナサイ)
以下、amazonより内容紹介引用。

内容紹介
脳は気持ちや生活習慣で、その働きがよくも悪くもなる。
この事実を知らないばかりに、脳力を後退させるのはもったいない。

脳に悪い習慣とは、
(1)「興味がない」と物事を避けることが多い
(2)「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
(3)言われたことをコツコツやる
(4)常に効率を考えている
(5)やりたくないのに我慢して勉強する
(6)スポーツや絵などの趣味がない
(7)めったに人をほめない
の7つ。

これらをやめるだけで、なぜ頭の働きは倍増するのか。
知らないと損する脳のしくみを、わかりやすく解説。

「勝負脳」で有名な著者の本。
以下、読書メモ

・「コツコツやる」ことが脳に悪い習慣だというのが最初わからなかったけれど、読み進むと納得。

・姿勢についても触れられていて(たぶん、6章)、
いつでも真上に飛びあがれる姿勢
でいることが大切とのこと。
気がつくと背中が丸まっていることがあるので、今年は姿勢にも気をつけて過ごそうと思います。

・物事に先にレッテルを貼ってしまわず、何事にも興味を持って生きていくというのは魅力的な生き方ですね。


しかし最近は、本にゲームにテレビ番組に 脳脳脳脳脳脳脳脳脳脳 と日本中「脳」づくしですね。
一方で、派遣切り・不景気のことについて書かれた新書がたくさん並んでおりました。
脳を鍛えたり脳を若々しく保つことと生活の質(賃金以上の豊かさも含めて)が釣り合う社会になればと願っています。




今日の勉強


「経営組織のデザイン」通読中
「企業社会と自己実現」通読中

Excelで作ってある学習計画表を整理して立て直し。




その他


竜馬伝 録画中。
雑煮食べすぎ(*_*)
明々後日の仕事始めに向けて順調にエネルギーをお腹に蓄えて?います(^_^;)




posted by 亮庵 at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。